2015年10月12日

エンディングノートを書く前に

来年のセミナーやイベント企画を考えながら

この数年の学びで思い伝えたい事

本当に今を大切にして欲しい

まさか自分が・・・

病気になった事は気付きだとか

前向きに捉え様といろんな考え方されます。

でも、誰もが病気になんてなりたくない

だからこそ、開催してきた

認知や介護を学ぶカフェに

終末期や看取り、尊厳死の事

癌患者学もその為に2度企画した

でも・・・

実際は経験の無い事は、落ちて行かないだろう

真剣に学び考えてほしいから

2期目のスタートに企画したのが

「自分に宛てたラズトラブレター」

余命1年と区切られた時に、何を思い考え遺す

1年しかない残りの人生何を思い描き行動する?

自分を内観する機会になれば

遺言・エンディングノートすら、今はまだ大丈夫かな?と書けないなら

期限を決めて、自分宛てに書いてみよう

封印した手紙は、1年後の変化した自分が開封する

勿論、私も便箋を前に何を思い書き出すのか

1年後の自分を想像して書いてみます

先ずは、誰よりも大切にしなければならないのは自分

自分を知る為にも自分に宛てた手紙・ご一緒にいかがですか?


#お墓じまい #海洋散骨 #品川区の葬儀社#家族葬#桐ケ谷斎場 #臨海斎場

終活コミニュティ・マザーリーフのプログ→ ☆☆☆

第3水曜日・参加型終活セミナー開催中

セミナー情報はここ→ ☆☆☆

#品川区の葬儀ライフネット東京 #

2015年09月28日

10月のマザーリーフカフェの詳細です

10月のセミナーの前に開催日が来るマザーリーフカフェ

この数日の川島なお美さんの早い旅たちや

北斗晶さんの癌手術などで

死生観・生きるという事を考えるきっかけになっている方

とても多いように思います

そのいいタイミングに2期目のスタート

遺言どころか、エンディングノートすら書けない

今元気だからイメージ出来無いという方々のために

それなら、期限をきって考え書いてみよう

余命1年・1年後の自分へ宛てた

ラストラブレター

余命1年となった時に何を思い伝え遺しておきたいのか

又は、1年後のありたい自分でも良い

1年しか生きられないとなった時に

自分が何を思い行動し変わるのか?

封書は封印後にお預かりします。

3期目に入る来年の10月に開封です

1年後に皆に披露するもよし、感想を発表するもよし

書けないなら、書けるために考えてみよう

そんな会が2期目第1回マザーリーフカフェの予定です

日時:10月17日土曜日 13時〜16時半

会費:1000円

#相続 #海洋散骨 #品川区の葬儀社#家族葬#桐ケ谷斎場 #臨海斎場

終活コミニュティ・マザーリーフのプログ→ ☆☆☆

第3水曜日・参加型終活セミナー開催中

セミナー情報はここ→ ☆☆☆

#品川区の葬儀ライフネット東京 #

2015年08月30日

書けないエンディングノート

品川区港区目黒区世田谷区でのいい葬儀は・ライフネット東京

40代50代に60代?も

未来の自分を想像・何がやりたい

何をやっているかを質問すると

ほとんどの方が中々描けていないと聞いた

だからだろうか?終活に活発なのは女性達

エンディングノートで未来の自分を想像していただいても

女性は驚くほどいろいろ出てくるのに

男性は戸惑うばかり

女性は現実をしっかり見るから?

男性は嫌な現実から目をそむけたいから?

仕事人間は今や男性だけではないのです

それでも女性は未来に夢を描く

逞しいといえばそうも言えますが

男性達も終活を真剣に考えませんか?

終わりをしっかり見つめれば

描かないのが勿体ないとおもうから

たった一度の人生少しでも後悔せず終わるためにもね

#エンディングノート #海洋散骨 #品川区の葬儀社#家族葬#桐ケ谷斎場 #臨海斎場

終活コミニュティ・マザーリーフのプログ→ ☆☆☆

第3水曜日・参加型終活セミナー開催中

セミナー情報はここ→ ☆☆☆

#品川区の葬儀ライフネット東京 #港区の葬儀 目黒区の葬儀 #世田谷区の葬儀 #大田区の葬儀 #杉並区の葬儀 渋谷区葬儀 家族葬 #桐ケ谷斎場 臨海斎場 #東京湾散骨 代々幡斎場

posted by 修活(終活)コミニュティマザーリーフ at 23:05| Comment(0) | エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする