2021年03月12日

救急搬送からの学びと気付き

#りんごプロジェクト? → ★★

#五反田の葬儀社ライフネット東京代表&終活(修活)コミニュティ・マザーリーフ主宰の小平です


未曽有の大災害から10年の節目の昨日の14時46分、今年も黙祷を捧げる事が出来ました

mokutou.JPG

#死は思うと思わざると突然にやってくる事


そして命の奇跡に命を生き抜く事を教えてくださったと思います


復興はまだ終わっていませんし、原発の処理も終わりが見えていません


今一度、災害の事をしっかり考えて行こうと思います


・・・

中断した、救急搬送のお話もこのタイミングなだけに、気付きをいくつか書き残します


転倒からの救急搬送1 → 


転倒からの救急搬送2 → 



先ずは、素人判断はしてはいけない事。転んだ時を目撃・頭は打っていない事を伝えても、顔面の強打で脳の損傷もあり得るという事を学びました


ambulance-emergency-outpatient-nurse-transport-stretcher-thumbnail.jpg


当事者は #アドレナリンの放出マックスな為、凄い出血でも痛みすら感じていない事


鼻血の原因が目から鼻に流れて出た事を後日知った事、顔の骨のもろさも知りました


為、脳外科、形成外科、整形外科などが必要な事も冷静になりわかりました。


素人判断で、申し訳ないからとタクシーで近所の救急病院にアポなしで出向いてもご迷惑をかけるだけだという事です


それと、お薬手帳とダメなお薬を把握しておくこと


出先でも何が起こるかわかりませんので、お薬手帳は常にバッグの中に


360_F_296280300_LvvDtKfg7cnaGknGj3vs1bHNlWWDJFwU.jpg

普段常用しているお薬やNGなお薬がありましたら、そちらに記入しておくと良いと思いました


又、ご自身の疾患や過去の病歴なども記入しておくと、万一意識がない時にとても役に立つと思いました


何より、救急隊の方や医師の方に適切な情報が伝わり、手間が少しでも省けます


出来ましたら、もしもの緊急連絡先も書いておくといいでしょう


退院の方が受け入れ病院探しの電話で、病院側から聞かれているのが意識の有無は勿論


同乗してくる人や身内の事、身元引受人がしっかりしているかの有無だと思いますが


状況よりもそこの話が一番長かったように思え内心驚きました


ですが、病院も経営がありますので支払いも出来ない、帰る家がない人が来られても困る


こんな時代だけに仕方のない事だと思いました


そこから、お独り様で地方にご実家がある方などは事前にもしもの時の事を考えておかねばなりません


今回の友人には夫がいたから良かったんです


翌日のお仕事が早いので、友人は来ないで良いと口にし、当然私も私が最後までいますと救急隊の隊長に伝えましたが、それは駄目ですと


「脳に損傷があった場合、急に意識を失う事がある。緊急手術などなった場合の同意書にサインが必要だから・・・」


ただ転んだだけ・・・転び方が悪かったら・・・


ここに戻りました


1467675.jpg

という事で、主宰する #終活コミニュティマザーリーフの活動 の新しい試みの、お独り様同士助け合うお助け隊のメンバーに


急な事は突然にやってくるので、急いで足りない部分の備えを連絡しました


何より、もしもの時に慌てないための心の準備のための学びを再度せねばと思うのでした


長くなりましたが、何かのご参考になりましたら幸いです



#除菌消臭剤mioのお問い合わせは → 

106003114_895983517473843_1594872903721369882_n.jpg

メディア取材(一覧)報告 →★★


#終活の窓口 →★★


#葬儀に海洋散骨の事前相談もお気軽に   


afa@lifenet-t.com


03-3444-8187


#お葬式はライフネット東京 #お独り様の終活 #救急搬送 #お薬手帳 #海洋散骨 #終活の窓口 #品川区の葬儀社 #りんごプロジェクト


#修活コミニュティマザーリーフのプログ→ ☆☆☆


毎月・参加型 #終活セミナー開催中


セミナー情報はここ→ ☆☆☆


#品川区のお葬式はライフネット東京  #港区のお葬式  #目黒区のお葬式 #世田谷区のお葬式 #大田区のお葬式  #杉並区の葬儀

#渋谷区のお葬式  #家族葬  #桐ケ谷斎場  #臨海斎場  #東京湾海洋散骨  #代々幡斎場

posted by 修活(終活)コミニュティマザーリーフ at 18:40| 東京 ☁| Comment(0) | 終活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: