2015年10月12日

エンディングノートを書く前に

来年のセミナーやイベント企画を考えながら

この数年の学びで思い伝えたい事

本当に今を大切にして欲しい

まさか自分が・・・

病気になった事は気付きだとか

前向きに捉え様といろんな考え方されます。

でも、誰もが病気になんてなりたくない

だからこそ、開催してきた

認知や介護を学ぶカフェに

終末期や看取り、尊厳死の事

癌患者学もその為に2度企画した

でも・・・

実際は経験の無い事は、落ちて行かないだろう

真剣に学び考えてほしいから

2期目のスタートに企画したのが

「自分に宛てたラズトラブレター」

余命1年と区切られた時に、何を思い考え遺す

1年しかない残りの人生何を思い描き行動する?

自分を内観する機会になれば

遺言・エンディングノートすら、今はまだ大丈夫かな?と書けないなら

期限を決めて、自分宛てに書いてみよう

封印した手紙は、1年後の変化した自分が開封する

勿論、私も便箋を前に何を思い書き出すのか

1年後の自分を想像して書いてみます

先ずは、誰よりも大切にしなければならないのは自分

自分を知る為にも自分に宛てた手紙・ご一緒にいかがですか?


#お墓じまい #海洋散骨 #品川区の葬儀社#家族葬#桐ケ谷斎場 #臨海斎場

終活コミニュティ・マザーリーフのプログ→ ☆☆☆

第3水曜日・参加型終活セミナー開催中

セミナー情報はここ→ ☆☆☆

#品川区の葬儀ライフネット東京 #
posted by 終活コミニュティマザーリーフ at 22:34| Comment(0) | エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: