2015年01月16日

安楽死と認知症

先日、ニュースステーションで安楽死の事を特集していた

オランダは法律で安楽死が承認されている

勿論、クリアせねばならない問題はいくつかありますが

この時のオランダ人の79歳の男性は軽度認知症が発症した

ご両親の介護をした苦労を、自身の大切な者たちにさせたくない

万一認知症を発症したら・・・遠い昔に決めていたらしい

何度も家族と話し合いを重ねながら、その時を迎えた

お葬儀の施工時

旅たちの時に何時も考えることは

大切な者を残して旅たつ者の想い

そして大切な人を送る、送る側の想い

安楽死・・・

高齢化の社会で議論が巻き起こる言葉になるだろう

終活コミニュティ・マザーリーフのプログ→ ☆☆☆

第3水曜日・参加型終活セミナー開催中

セミナー情報はここ→ ☆☆☆

#品川区の葬儀ライフネット東京 #港区の葬儀 目黒区の葬儀 #世田谷区の葬儀 #大田区の葬儀 #杉並区の葬儀 渋谷区葬儀 家族葬 #桐ケ谷斎場 臨海斎場 #東京湾散骨 代々幡斎場
posted by 修活(終活)コミニュティマザーリーフ at 21:44| Comment(0) | 認知や介護問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: